Barrier Free Week 1

 
 

MONDAY



TUESDAY



WEDNESDAY



THURSDAY



FRIDAY


I heard that Helen Keller once came to Japan?  
ヘレン・ケラーがかつて来日したそうですね?

Helen Keller was a famous American disability rights activist who visited Japan three times in her life, in 1937, 1948 and 1955. She visited Japan for the first time after being invited by Takeo Iwahashi, a blind Japanese man who spoke English. She wanted to visit Japan to help those who were blind like herself.

ヘレン・ケラーは有名なアメリカ人障害者人権活動家で、1937年、1948年、1955年に日本を訪れました。彼女は、英語を話す盲目の日本人男性、岩橋武夫に招かれて初めて日本を訪れました。彼女は自分のように目の見えない人たちを助けるために日本を訪問したかったのです。

Helen was both blind and deaf after suffering an illness when she was a baby. She didn’t know any language until the age of seven, when a woman named Anne Sullivan taught her words by tracing them on her hand with a fingertip. After this, she learned how to use her voice to speak, and to listen to others by touching their lips as they spoke.

ヘレンは赤ちゃんの時、病気にかかったことで目が見えなくなり耳も聞こえなくなりました。アン・サリバンという女性が指先で手の平に言葉をなぞることでヘレンに言葉を教えた7歳まで、ヘレンは全く言葉を知りませんでした。その後、彼女は話すためには声をどう使ったらよいか、また、唇に触れることで人が話すのを聞くことを学びました。

Helen was welcomed by the Japanese people. They gave her many gifts and she even met the Emperor and Empress. She also visited schools for the blind and deaf, and spoke about the need to provide education for people with disabilities. During her visit to Akita Prefecture, she heard the famous story of the dog Hachiko, and asked to meet an Akita dog. She was given an Akita puppy as a gift, which was the first Akita dog in the United States.

ヘレンは日本の人たちに歓迎されました。彼らはヘレンに多くの贈り物を渡し、天皇皇后にも会いました。彼女も盲学校と聾学校に訪れ、障害を持つ人たちに教育を与える必要性を伝えました。秋田県を訪れた際、彼女は犬のハチ公の有名な話を聞き、秋田犬に会いたいと頼みました。贈り物として彼女は秋田犬の子犬をもらいました。その犬は、アメリカに渡った初めての秋田犬となりました。



テストシステムにログインしてください。左側の「今度のてすと」から『てすとID』の355を探し、「Barrier Free Week 1 Review Test」のテストを受けてください。



Barrier Free Week 2

 
 

MONDAY



TUESDAY



WEDNESDAY



THURSDAY



FRIDAY


Is it hard for people with disabilities to find jobs in Japan? 
日本では体の不自由な人たちが仕事を見つけることは難しいですか?

It can be difficult for people with disabilities to find work. Though many of them are smart, motivated and hard-working, they encounter barriers in company life. For example, a person with a hearing impairment might not be able to participate in meetings where everyone shares ideas by talking. They also might feel isolated because their coworkers don’t include them when socializing.

障害のある人たちが仕事を見つけにくいことはあります。彼らが賢くてやる気があって勤勉であっても、会社の中で生きるには障壁に出くわします。たとえば、聴力障害のある人は、皆が話しながらアイディアを出し合う会議には参加できないかもしれません。付き合う際に同僚が彼らを仲間に入れないことで、彼らも孤立を感じるかもしれません。

Masahiro Yanagi worked to help people with disabilities find jobs, but he noticed that a lot of hearing-impaired people quit. He also noticed that, in the restaurant business, some restaurants succeeded even though the staff were not Japanese and couldn’t communicate well with customers. He decided to open a café in Bunkyo Ward that employed hearing-impaired people. At his café, called Sign With Me, customers order not by speaking but by pointing, writing, or using sign language.

柳匡裕は、障害のある人たちが仕事を見つける手伝いをしていましたが、多くの聴覚障害の人たちが仕事をやめてしまうことに気づきました。また、レストラン業界で、スタッフが日本人でなくて顧客とコミュニケションがうまくとれなかったとしても、成功したレストランがあることにも気づきました。柳は聴覚障害を持つ人たちを雇用するカフェを文京区にオープンすることに決めました。サイン・ウィズ・ミーという名の彼のカフェでは、客は話し言葉ではなく、指し示したり書いたり手話を使って注文します。

In addition to deaf customers, many hearing people thought that his idea was interesting and visited the café for the experience. Many people now go there regularly to enjoy learning Japanese sign language--as well as for the delicious food.

耳の聞こえない客だけでなく、耳の聞こえる多くの人たちも彼の考えに興味を持ち、体験のためにカフェを訪れました。今では多くの人たちが、美味しい料理と同同様、日本語手話を学ぶ楽しみのために通うようになりました。

Another sign-language café, Deaftopia, is located in Nakano Ward. At Deaftopia, speaking is forbidden, and there is no background music. Deaftopia was created as a special place for deaf people to meet each other and relax, but hearing people are also welcome as long as they follow the rules.

もうひとつの手話カフェ、デフトピアは中野区にあります。ここで話すことは禁じられていて、店内に音楽も流れていません。デフトピアは、耳の聞こえない人たちが出会いくつろぐ特別な場所ですが、規則を守れば耳の聞こえる人たちも歓迎されます。

While many people see being deaf as a limitation, there are also many who see it as a culture.  Places such as they cafes create opportunity for deaf people, but they also create opportunities for hearing people to make new friends and learn more about this unique part of the Japanese culture.

多くの人たちが、制限として聞こえないことを知る時、それをひとつの文化とみなす多くの人もいます。これらのカフェのような場所は、耳の不自由な人たちにチャンスを生みますが、聞こえる人たちにとっても新しい友達を作り、日本文化の独特な部分をもっと知るためにもいい機会を作っているのです



テストシステムにログインしてください。左側の「今度のてすと」から『てすとID』の359を探し、「Barrier Free Week 2 Review Test」のテストを受けてください。


Barrier Free Week 3

 
 

MONDAY



TUESDAY



WEDNESDAY



THURSDAY




FRIDAY


Why is there a section called Barrier Free in the Wa-culture program? 
なぜ和カルチャーのプログラムには、バリアフリーという部門があるのですか?

When David Thayne first starting working on the content for Wa-Culture English, he told several of his friends about what he was doing. One of them knew about a young man who spoke English, but it was hard for him to work at a regular company because he was in a wheelchair.  David wondered if it might be possible to have him check the Japanese or translate the English into Japanese, so he arranged to meet this young man.

デイビッド・セインは、和カルチャーEnglishのコンテンツを取り組み始めた時、その内容について友人たちに話しました。彼らの中に、英語が話せるけれど車椅子のために普通の会社で働くことが難しい青年について知っている人がいました。デイビッドは、彼に日本語のチェックや英語を日本語に翻訳してもらうことができるかもしれないと思い、この青年に会うことにしました。

“When I first met Seiya, I shook his hand and spoke to him in clear and careful English. But I soon realized that I didn’t need to go easy on him,” explains David.  “He understood everything I said, even when I spoke in natural English.”

「初めて聖哉に会った時、彼と握手し、気を遣ってわかりやすい英語で話しました。でもすぐに、彼に対して控え目に話す必要はないと気づきました」とデイビッドは話します。「彼は、私が普通に話した英語もすべて理解したのです」

According to David, wherever Seiya Umeki goes, he needs to use his wheelchair. It is also hard for him to move his hands. “When you get to know him, you soon start to realize that there are many more things that he can do, than he can’t do.” Seiya is now in charge of publicity at Tsubasanet, a Non-Profit Organization that provides daycare services to people like Seiya with disabilities. He even made the NPO’s homepage and designed the logo.

デイビッドによると、梅木聖哉さんはどこに行くにも車椅子が必要です。手を動かすことも大変なことです。「彼を知れば、彼ができないことよりもできることのほうがたくさんあるということに気づきます」現在聖哉さんは、彼のように障害を持つ人たちにデイケア・サービスを提供するNPO法人のつばさねっとで、広報の担当をしています。彼は、NPOのホームページ作成やロゴのデザインさえ手がけました。

While the Japanese government provides support for disabled children until they turn 18, after that, they and their families have to rely on NPO Tsubasanet for assistance.  Tsubasanet, located in Fujimi City in Saitama prefecture, was established in 2014, and they now provide services to around 30 people.

日本政府は、障害を持った子供たちが18歳になるまで支援しますが、その後は障害者とその家族はNPOつばさねっとに援助を頼らなければなりません。埼玉県富士見市にあるつばさねっとは2014年に設立され、現在ではおよそ30人にサービスを提供しています。  

After talking to Seiya and the staff at Tsubasanet, David realized that people with disabilities have their own culture and play an important role in forming Japanese society.  “Seiya and I decided it would be good to have a section in Wa-Culture that focuses on things people with disabilities and those who assist them might want to say,” explains David.

つばさねっとにて聖哉さんとスタッフと話した後、デイビッドは障害を持つ人たちは彼ら自身の文化を持っていて、日本の社会を形成する上で重要な役割を担っていると気づきました。「聖哉と私は、障害を持った人たちと彼らを援助する人たちが、言いたい内容に特化した部門を和カルチャーに入れるといいだろう、と決めました」とデイビッドは説明します。

Using the Internet, Seiya helped to translate many of the sentences and conversations  in the Barrier Free section of Wa-Culture, but he also wrote many of the conversations in English himself.  Seiya says that he is happy to be making a contribution to improving the English skills of Japanese as they prepare for the 2020 Olympics.

インターネットを使い、聖哉さんは和カルチャーのバリアフリー部門で、多くの文章と会話文の翻訳を手伝ってくれました。彼自身、自ら英語で多くの会話文を書いてくれたのです。聖哉さんは、2020年のオリンピックに備えて日本人の英語の力をよくすることに貢献できて満足していると話します。



テストシステムにログインしてください。左側の「今度のてすと」から『てすとID』の353を探し、「Barrier Free Week 3 Review Test」のテストを受けてください。


Barrier Free Week 4

 
 

MONDAY



TUESDAY



WEDNESDAY



THURSDAY



FRIDAY


How can people with disabilities travel in Japan? 
障害のある人は、日本でどのように旅することが出来ますか?

Recently, Japan has been making a big effort to improve accessibility. Most railway stations now have elevators and multipurpose toilets. These toilets are spacious and have handrails for wheelchair users, and also have other useful features such as diaper changing stations, baby seats and emergency call buttons. At the railway station, the staff assist wheelchair users by placing a portable ramp between the platform and the train. Train stations also have yellow tiles with bumps, known as tenji blocks. These blocks help blind people to find train doors and stairs, and warn them when they are approaching the edge of the platform. These blocks can also be found on some sidewalks.

最近、日本はアクセスのしやすさを向上させるために大きな努力をしてきました。 今ではほとんどの鉄道駅に、エレベーターと多目的トイレがあります。 これらのトイレは広々としており、車椅子の利用者のための手すりを備えています。また、おむつ交換所、ベビーシート、緊急電話ボタンなどの便利な機能もあります。 鉄道駅では、職員がプラットフォームと電車の間に携帯用スロープを設置して車椅子の利用者を支援しています。 また鉄道駅には、点字ブロックと呼ばれる突起付きの黄色のタイルがあります。 これらのブロックは、目の不自由な人たちが列車のドアや階段を見つけるのに役立ち、彼らがプラットフォームの端に近づいているときに警告します。 これらのブロックは、いくつかの歩道にも見られます。

Even some shrines and temples have been renovated to improve accessibility. Sometimes the elevators are disguised as part of the shrine building, so they can be difficult to find. However, they can be located by asking the staff or guides.

アクセスをしやすくするため、一部の神社や寺院も改装されました。 時々エレベーターは神社の建物の一部として装飾されているので、見つけるのが難しいかもしれません。 しかし、職員やガイドに相談することで見つけることができます。

People with disabilities still face problems in Japan. Many traditional hotels and buildings have a lot of steep stairs and no elevators. Some subway stations have many exits, but most of them are just concrete stairs. Some exits have escalators that go up, but no escalator that goes down, or vice versa. Only about 35% of Japanese train stations are completely accessible, and the number goes down as you get further from the main cities. It requires careful planning for a disabled person to travel safely in Japan.

障害を持つ人々は依然として日本で問題に直面しています。 多くの伝統的なホテルや建物には急な階段が多く、エレベーターもありません。 いくつかの地下鉄駅には出口が多くありますが、そのほとんどはただのコンクリート製の階段です。 出口の中には、上りのエスカレーターがあって、下りのエスカレーターがないものもありますし、その逆もあります。 日本の鉄道駅の約35%だけが完全にアクセスしやすくなっており、主要都市から遠ざかるにつれてその数は減ります。 障害者が日本を安全に旅行するためには、入念な計画が必要です。



テストシステムにログインしてください。左側の「今度のてすと」から『てすとID』の356を探し、「Barrier Free Week 4 Review Test」のテストを受けてください。


Barrier Free Week 5 + 最終確認テスト

 
 

MONDAY



TUESDAY



WEDNESDAY



THURSDAY



FRIDAY


How is Japan preparing for the Paralympics? 
日本はどのようにパラリンピックの準備をしていますか?

Every four years, the same country that hosts the Olympic Games also hosts the Paralympic Games. The first Paralympics were organized by war veterans, but since 1960 the Paralympic Games have officially been run in parallel to the Olympics. Almost 4,000 athletes from 164 countries competed in the London Paralympics in 2012, so it’s very important that the host city be able to accommodate a range of disabilities.

4年ごとに、オリンピック大会を主催する同じ国でパラリンピック大会も開催されます。 最初のパラリンピックは戦争退役軍人によって組織されましたが、1960年以来、パラリンピックはオリンピックと並行して公式に行われています。 2012年のロンドンパラリンピックでは、164カ国の約4,000人の選手が競争していたため、開催都市ではさまざまな障害に対応することが非常に重要です。

One major goal is for all train and subway stations to have at least one barrier free entrance and exit. There must be an elevator that goes to the platform, an elevator that goes to street level, and a clear path between them with no stairs or obstacles. Tokyo Metro also plans to upgrade its trains so that each car has a wheelchair space. Multipurpose bathrooms are also being added in many stations and other public places.

1つの主な目標は、すべての電車と地下鉄の駅に少なくとも1つのバリアフリーの入口と出口を設けることです。 プラットホームに行くエレベータや地上のレベルに行くエレベータが必要ですし、それらと人の間には階段や障害物がない道がなければなりません。 東京メトロでは、各車両に車椅子スペースができるように電車を改良する計画もあります。 多目的トイレも、多くの駅やその他の公共の場所に追加されています。

Another goal is clearing 20km of road around the Olympic venue of obstacles, such as raised sidewalks, and installing tenji blocks. Tenji blocks are yellow tiles with bumps on them that help visually impaired people navigate.

もう一つの目標は、オリンピック会場周辺の道路20kmから隆起した歩道などの障害物を取り除き、点字ブロックを設置することです。 点字ブロックは、突起付きの黄色のタイルのことで、視覚障害者を道案内するのを助けます。

These changes aren’t just for the Paralympics, but for Japan’s future. As the number of elderly people in Japan increases, so does the number of people who need barrier free public spaces. Many of the improvements also help mothers with small children when they are pushing strollers or finding a place to change their baby.

これらの変化は、パラリンピックだけではなく、日本の将来に向けたものです。 日本の高齢者の数が増えるにつれて、バリアフリーな公共スペースが必要な人々の数も増えています。 改善の多くは、小さな子供がいる母親がベビーカーを押しているとき、あるいは母親が赤ちゃんのおむつを交換する場所を見つけるときにも役立ちます。



テストシステムにログインしてください。左側の「今度のてすと」から『てすとID』の356を探し、「Barrier Free Week 5 Review Test」のテストを受けてください。



テストシステムにログインしてください。左側の「今度のてすと」から『てすとID』の351を探し、「Barrier Free Final Exam」のテストを受けてください。